【早く治す!】つらい口唇ヘルペスにおすすめサプリメント

子供の口唇ヘルペス



子どもがかかりやすいヘルペスは「ヘルペス性歯肉口内炎」

口の周りや唇に水泡ができる口唇ヘルペス。

ヘルペスは誰でもかかるかもしれない病気ですので、子どもにも感染する可能性があります。

自分の子供がヘルペスになったとき、他の人に感染する病気なのでとても心配になりますよね。

子供の場合、触らない方が治りやすくても痛かったリかゆかったりするとどうしても触ってしまいますよね。

そうなると、悪化してしまうことが多くなります。

大人と違って子どもの口唇ヘルペスは、特別な口唇ヘルペスにかかりやすいようです。

子どもがかかりやすいヘルペスは、「ヘルペス性歯肉口内炎」となります。

ヘルペスにかかるのが初めての乳幼児が感染しやすい病気となります。

症状は、高熱が出て口腔内に水泡ができます。

痛みがあるので、食べられなく水も飲めないという症状になってしまうことも。

完治するには、約1~2週間ほどかかります。

子どもが辛そうだと、かわいそうだし心配になってしまいますよね。

子供のヘルペスのほとんどの親からの感染

子供のヘルペスは、ほとんどの場合親からの感染になるそうです。

産まれてから3歳くらいまでは免疫力が弱く、感染しやすい状態ですよね。

そのときに、「かわいい、かわいい、ちゅ~」というのが1番多いパターンみたいですよ。

親がヘルペスの保有者だとしても、自分で知らなかったということもあるんですよね。

乳幼児に多いヘルペス性歯肉口内炎は再発する可能性はありませんが、ヘルペスウィルスには感染して保有していることになるので、口唇ヘルペスを発症してしまうということもあります。

子供の場合でも、1度へルペスウィルスに感染すると風邪などで免疫力が落ちたときに、口の周りや子唇に口唇ヘルペスを発症してしまうこともあります。

口唇ヘルペスの水ぶくれに手で触ってしまうと・・・他の傷口などに感染しそこからも水ぶくれができてしまったり、他の人に感染させてしまうということもあります。

なので、口唇ヘルペスができている場所を直接触らないようにすることが大切です。

自己診断せず、しっかりと治療をすることで再発を防ぐことができます。

子供に口唇ヘルペスやヘルペス性歯肉口内炎ができたら、どの診療科を受診するとよいのでしょうか。

子供ですので小児科や内科でもよいですし、歯科や小児歯科、皮膚科などでも大丈夫です。

もしもかかりつけの小児科があるなら、慣れている病院と言うこともありますので安心ですね。

もう一つ心配になるのが、保育園や幼稚園のことではないでしょうか。

ヘルペスは感染力が高い病気になるのでお休みをするのが1番ですが・・・。

症状の状態によって通園が可能なことがあるようです。

医師や保育士への相談が必要です。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓