【早く治す!】つらい口唇ヘルペスにおすすめサプリメント

口唇ヘルペスは再発しやすいって本当?



口唇ヘルペスは免疫力が低下したときに再発しやすい

口唇ヘルペスは1度かかってしまうと完治は難しいのですが、症状が出ると約2週間ほどで自然に治ります。

ですが、自己診断や間違った処置をしてしまうことで長引いたり、何度も頻繁に再発したり、跡が残ってしまったりなどがあります。

口唇ヘルペスが再発するキッカケは、風邪・ストレス・疲れなどで免疫力が低下したときに再発しやすくなっています。

口唇ヘルペスは、「単純ヘルペス1型」というウィルスに感染しているため発症します。感染した時期は、子どもの頃が多いようです。

一度感染したウィルスは、知覚神経節という神経細胞にじっと潜伏していると言われています。

そのため、免疫力の低下や紫外線の影響で潜伏していたウィルスが暴れ出し年に数回の再発を繰り返すそうです。

感染したウィルスからの発症なので、その都度感染しているのではないということです。

疲れがたまっているけど休息できないという時や寝不足が続いてしまったとき、発熱した時など発症するということなのです。

口唇ヘルペスの単純ヘルペス1型は特別なウィルスではありません。

日本人の約10人1人の割合でかかっていると言われています。

口唇ヘルペスが再発するないのは免疫力の低下と言いましたが、それだけが原因ではありません。

特に注意しないといけないのが、紫外線です。夏の強い日差しや、冬の雪からの強い照り返しで症状がでることが多いようです。

それは、強い紫外線があたっているから。紫外線が皮膚の免疫力を低下されることで、口唇ヘルペスが発症しやすくなってしまうのです。

お出かけするときやアウトドアで楽しむときには、紫外線対策をするのが重要です。

ヘルペスが再発するときのサイン

ヘルペスが再発するときのサインは、唇にピリピリ・ちくちくを感じます。

なんとなく唇の一部分に違和感を感じたりすることがあります。

再発を繰り返している人は、水泡ができる前のこの時期に自分でわかってくるようです。

半日くらいでチクチクしていた所が腫れてきます。腫れてから1~3日後になると、水泡ができてきます。

この水泡の中にウィルスが潜んでいるので、他の人に感染しないように注意が必要です。

小さな水泡が重なって大きな水泡になることもあります。水泡は1~2週間ほどで乾いて、かさぶたができて治癒していきます。

口唇ヘルペスは、免疫力が低下したときや強い紫外線にあたったときなどに出やすい病気になります。

口唇ヘルペスが出た時は、体が疲れているというサインを出しているとき。あまりムリをせずに、十分な休息や睡眠をとるようにしましょう。

悪化すると症状が長引いてしまい、日常生活に影響が出てしまうこともあります。

軽い口唇ヘルペスの場合は、1週間ほどで治ってくるときもありますが、いつもと違う症状だったり、発熱や腫れなどがある場合は自己判断せずに専門医に診てもらうようにしてくださいね。

記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓